【AdMob】AdMobOpenBiddingで利用可能な広告ソース

最近AdMobのOpen Biddingを使い始めました。
審査の通った広告ソースと
拒否された広告ソースがいくつかあるので共有として書きます。

審査に出したアプリはワンダーランです。

ワンダーラン iOS / Android

審査の通った広告ソース
・Fluct
・Chocolate Platform
・Index Exchange
・PubMatic
・Rubicon

拒否された広告ソース
・Mobfox
・Smaato
・Yieldmo

他にも広告ソースはありますが、
審査出すのも出した後も結構手間がかかるので
現状審査出したのは上記のみです。

パートナー契約に署名をすると、数日後に審査結果のメールが届きます。
Fluctは日本語でしたが、それ以外は英語でした。
(何度か英語でメールのやり取りをすることになるので、
DeepL翻訳を使って頑張りましょう💪)
app-ads.txtに記載する情報を教えてもらい、設定が完了すれば
その広告会社から広告が配信されるようになります。

効果としてはよくわかりませんが、
ecpmが底上げ+在庫切れ対策になってる気がします(テキトウですみません😑)

拒否された広告ソースは、
Yieldmoは毎月100万件のアメリカユーザーからの広告リクエストが必要だそうで、無理ゲー
その他は特に連絡なしという感じでした。

上記の広告ソース達は追加のSDKは必要ないので、
メールのやり取りが苦で無ければ審査に出してみるといいかもしれないです。

以上、これからAdMob Open Biddingを使う方の参考になればと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。